新規ビジネスをお考えの方、事業のテコ入れをお考えの方、アイデアを創出したい方、
特許・意匠・商標出願をお考えの方、弁理士「今 智司」が成功するための知財活用を徹底サポートいたします。

知財経営コンサルティング

事業構想(将来のビジョン、コンセプト)を創ってビジネスを進める場合、お客様の社内に存在する知的財産や新たに創出する知的財産、並びに経営資源だけで事業が成り立つ場合と、お客様の外部に存在する知的財産や資源を社内に取り込まなければ事業が成り立たない場合とがあります。また、お客様の社内に元々知的財産があり、その知的財産を軸にして事業構想を練り、事業を進める場合もあります(なお、ここでいう「知的財産」は、特許権等の権利だけでなく、アイデアやお客様のビジネスに備わっている信用等の権利ではないものも含めております。)。

いずれの場合においても、お客様の経営や事業に知的財産を役立たせるためには、経営戦略や事業戦略と知財戦略とがリンクする必要があります。

つまり重要な点は、トップの熱い想いから将来ビジョンや事業コンセプトを創り出し、ビジネスモデル(ただし、ビジネスモデルは、ビジネスシステムと収益モデルとから構成されます)を検討した上で、差別的優位性を産み出すためにどのような知的財産をビジネスモデルのどの部分において創出し、どのように活用するのかを考える点です。誤解を恐れずに言いますと、創出した知的財産の「権利化」は差別的優位性を産み出すために必要に応じて実行すればよいのであって、必須ではないのです。重要なのは経営戦略や事業戦略に沿った知的財産の創出及び活用方法を「デザインする」ことです。

弊所では、まずお客様にヒアリングを実施します。そして、技術経営の知見も活かしながら、知的財産に関する課題を抽出します。そして、抽出した課題に対し、コンサルティングの実施計画を立て、コンサルティングを実施し、お客様の事業競争力の向上を目的とした「知財戦略の構築」及び「継続的な実践」を支援します。

☆知財経営コンサルティングのもう少し具体的な説明はこちら!

従来の弁理士は特許出願等の代理業務が主体でしたので、弁理士が上記のような支援ができるのか?と疑問に思われるかもしれません。しかし、弊所弁理士は、企業で研究開発から事業化のプロセスに携わり、知財業界に転身した後はアイデア創出から権利化、そして係争業務やライセンス業務等に携わってまいりました。更に、弊所弁理士は、専門職大学院において技術経営やマネジメント、そしてイノベーションについて実践的な内容を身につけて日々研鑽を続けており、いわば、技術、知財、及び経営の複合領域について知見を有しています。

従いまして、これまでの経験及び日々刻々と変化する状況を取り入れ、お客様のビジネスの事業競争力向上を目的とした知財戦略の構築及び継続的な実践のために必要な支援をご提供いたします。なお、おそらく、「継続的な実践」が実は最も難しいハードルではないでしょうか?その場合においても、弊所が継続的に貴社に働きかけるサポートを致します。

更に、弊所では、お客様の事業環境の調査、およびお客様へのヒアリングに基づき、お客様の現状と目標とを把握し、目標に至るために必要な知財教育メニューを提案するサービスもご希望に応じて提供しております。

  • ただし、知財教育自体については、別途のご提供になります。

料金

個別の事情に合わせて見積もりますのでお問い合わせください