新規ビジネスをお考えの方、事業のテコ入れをお考えの方、アイデアを創出したい方、
特許・意匠・商標出願をお考えの方、弁理士「今 智司」が成功するための知財活用を徹底サポートいたします。

事業方針

弊所では、知的財産の面からお客様の事業に真に役立つ貢献をするためには、お客様に真摯に向き合う必要があるという考えのもと、以下の3つの方針に沿ってサービスを提供いたします:

  1. 丁寧で分かりやすい説明
  2. 事業に貢献する提案型・協働型サポート
  3. 適時、的確、適切な料金の説明

第1の方針: 丁寧で分かりやすい説明

お客様の立場に立ち、丁寧で分かりやすい説明を心がけます。

知的財産といいますと、非常に専門的で良く分からない場合が多くあると思います。弁理士は知的財産の専門家ですが、中には、お客様に対して適切な説明をせず、お客さまに不愉快な思いをさせたり、お客様を不安にさせたりする者も残念ながらいるようです。

しかし、専門家たる者、専門家ではない方々に対し、理解が容易なように説明する義務があり、その義務を果たしてはじめて専門家であると考えます。

そこで、弊所では、お客様の立場に立ち、お客様と密にコミュニケーションを取り、お客様が理解しやすい説明を心がけます。

第2の方針: 事業に貢献する提案型・協働型サポート

お客様の事業を適切に把握した上でお客様の事業をサポートいたします。

従来の特許事務所は、お客様のもとで生まれたアイデアや既に完成した発明について単に特許出願し、権利化までをサポートすることが主体でした。事業が構想されてアイデアが生まれ、そのアイデアについて出願し、知財権を取得した後、知財権を事業に活用することや知財権により第三者を取り締まるという上流から下流の流れを考えると、従来の特許事務所では「流れ」についてあまり考えていなかったと言えるでしょう。

しかし、お客様の事業内容、お客様を取り巻く環境、そして、お客様の事業の将来展望を適切に把握した上で知的財産に関するサービスを提供しなければ、事業及び経営に知財を役立たせることはほとんど期待できません。知的財産は、その創出から使い方までの流れにおいて、お客様の事業に沿わせてこそ初めてお客様の経営に役立つものと考えます。

そこで、弊所では、お客様の事業環境を適切に把握した上で、お客様の経営戦略・事業戦略に沿いつつ、お客様の事業競争力の向上を目指し、主に知的財産面からお客様の事業をサポートいたします。

例えば、

  1. そもそもアイデアがない、アイデアが出ない
  2. アイデアはあるが技術・サービスに結び付かない
  3. 技術・サービスはあるが事業に結び付かない
  4. 事業に結び付いても事業が死の谷に落ちてしまう
  5. 事業が死の谷を越えたがリスク管理をしていない

参考) 『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』妹尾堅一郎 ダイヤモンド社 2009年

というような様々な課題があります。弊所では、このような課題に対し、アイデア創出支援、技術経営(MOT)に基づく支援、知的財産権によるリスク管理等の支援により、お客様の事業を体系的にサポートいたします。

第3の方針: 適時、的確、適切な料金の説明

いつ、どの程度の費用がかかるか分からずに仕事を依頼することには不安を感じるのが普通ではないでしょうか。例えば、カウンターのあるお寿司屋で「時価」の寿司を頼むには勇気がいるでしょう。

そこで、弊所では、お客様に提供するサービスごとに費用の目安を予め提示することを心がけています。例えば、特許出願案件については、お客様へのインタービューを実施した後、発明の内容を適切に把握した上で、実際に明細書の作成に取り掛かる前に費用の目安をお客様に提示いたします。

また、弊所では、以下の考えに基づいて料金を設定しております。まず、お客様を取り巻く環境は日々変化しています。その変化している環境の中でお客様の事業に役立つサービスを提供するためには、法律はもちろん、技術動向、お客様の事業環境の変化等について弁理士自身が日々、研鑽を積む必要があります。このような研鑽を積んでこそ、お客様の事業に役に立つサービスを提供することができると考えております。そのため、「お客様の事業に真に役立つサービスを提供するためには、弁理士自身が研鑽し続けることが必要であり、そのために適切な料金を頂く必要がある」という考えに基づいて料金を設定しております。