新規ビジネスをお考えの方、事業のテコ入れをお考えの方、アイデアを創出したい方、
特許・意匠・商標出願をお考えの方、弁理士「今 智司」が成功するための知財活用を徹底サポートいたします。

特許・実用新案取得の流れ

ここでは特許・実用新案を取得して活用するまでの流れを説明します。

発明→先行調査→出願→経営への活用

1. 発明

弊所のサービス

発明段階について、特許取得の観点から助言・コーディネートするサービスがありますので ぜひご利用ください。

創出支援サービス

まずは発明することから始まりますが、この段階から特許・実用新案を意識することが重要です。

自社に必要な発明だけにとどまらず、競合他社が欲しがりそうな技術領域にまで拡げられると、権利を取得した後の利益が大きくなります。

そのためには他社の活動や技術動向、社会情勢も考えて発明を進める必要があります。これには技術部門や知財部門だけでなく、マーケティングや経営企画、営業部門の参画も重要になります。

2. 先行調査

弊所のサービス

ご希望に応じて先行調査をいたしますのでお問い合わせください

お問い合わせ

次に、同じような発明が既に公開されていないかを調査します。

その発明の技術分野に関連するキーワードやIPC分類、FI記号、Fタームなどを使用して、特許電子図書館や民間のデータベースを検索します。

調査結果によっては、発明を別観点でとらえ直すなどの調整をして権利取得の可能性を高められます。

3. 出願

弊所のサービス

弊所では明快な料金での特許・実用新案出願サービスを行っていますので ぜひご利用ください。

特許・実用新案 申請サービス

いよいよ出願です。

特許と実用新案では手続きが異なるのでページを分けて説明します。

特許出願の手続きを見る

実用新案出願の手続きを見る

4. 経営への活用

弊所のサービス

弊所では、経営戦略や事業戦略と知財戦略をリンクさせて、特許・実用新案から最大限の利益を引き出すサービスを行っていますので ぜひご利用ください。

知財経営コンサルティング

特許や実用新案は取得するだけではなく、積極的に経営に活かすことが重要です。基本的な戦略としては次のようなものが挙げられます:

  • 特許技術を独占的に利用して販売数を増やす
  • 他社にライセンス提供して収入を得る
  • クロスライセンスで他社の特許技術を得る
  • 特許権を売却する
  • 自社技術の宣伝材料にして企業認知度を高める

どの段階で相談すれば良いですか?

どの段階からでも問題ありませんが、なるべく早い段階が望ましいです。

特に発明段階で相談いただければ、権利取得の可能性や取得後の利益を大きく高められます。

弊所はお客様のビジネスを重視したアドバイスをしております。お気軽にお問い合わせください