新規ビジネスをお考えの方、事業のテコ入れをお考えの方、アイデアを創出したい方、
特許・意匠・商標出願をお考えの方、弁理士「今 智司」が成功するための知財活用を徹底サポートいたします。

特許・実用新案を取れるもの

特許・実用新案を取得できる「アイデア」にはどんなものがあるでしょうか。詳しい説明の前に具体例を見てみましょう。

対象の例 特許 実用
新案
説明
新しい構造のおもちゃ 「物」に関するアイデアなので特許も実用新案も取れます。
海苔の新しい養殖手法 × 「方法」に関するアイデアなので特許を取れますが実用新案は取れません。
新しい写真データ解析システム × コンピューター プログラムに関するアイデアなので特許は取れますが実用新案は取れません。
新しい暗号アルゴリズム × 純粋なアルゴリズムだけでは自然法則を利用していないので特許も実用新案も取れません。しかし、暗号アルゴリズムを利用したコンピューター システム全体についてであれば特許を取れる可能性があります。
新しい集金方法 × 純粋な「ビジネスのやり方」は技術的創作ではないので特許も実用新案も取れません。しかし、集金方法を実装したコンピューター システム全体についてであれば特許を取れる可能性があります。
新しいゲームのルール × × 自然法則を利用していないので特許も実用新案も取れません。
新種の微生物 × × 天然物の「発見」は技術的創作とは言えないので特許も実用新案も取れません。
新しいバッティング技法 × × このような練習によって獲得する「技能」は特許も実用新案も取れません。
新しい手法を使った絵画 × × 絵画や彫刻等の美術品は技術的創作ではないので特許も実用新案も取れません。

特許・実用新案を取るための条件

特許・実用新案を取るには次の条件を満たしている必要があります。

新規性があること
すでに誰かが使用していたり公表されている技術は特許・実用新案になりません。
創作であること
発明者が意識して創り出している必要があります。もともと自然界に存在している物や法則を「発見」しただけでは特許・実用新案になりません。
技術的であること
ここで言う「技術」は、知識として第三者に伝えられる客観性を持つものを指します。例えば野球のバッティング方法などの「技能」は、熟練によって身につくものなので特許・実用新案になりません。また、絵画、音楽、小説などの単なる芸術的な創造物も特許・実用新案になりません。
産業に利用できること
商業、農業、漁業、運輸業、通信業などを含む広い意味での「産業」で有用である必要があります。ここで言う「有用」は、販売したりサービスに利用できることです。また、医療行為は「産業」に含まれないので、新しい手術方法などは特許・実用新案にはなりません。
自然法則を利用していること
電気、光、音などの物理現象や酸化、還元などの化学現象を利用している必要があります。このため、純粋な数学理論、経済理論、ビジネス上の取り決めなどは特許・実用新案になりません。
先行技術より大きく進歩していること
現在すでに知られている技術からその分野の専門家が簡単に思いつくものは認められません。
実現できること
理論的に可能であっても、技術的・制度的に明らかに実現できないものは認められません。
公序良俗に反しないこと
秩序や風俗、公衆衛生に悪影響を与える恐れがあるものは認められません。

ここで紹介した以外にも細かい条件や例外があります。「こんなアイデアは特許・実用新案になるの?」と思った方はぜひご相談ください