新規ビジネスをお考えの方、事業のテコ入れをお考えの方、アイデアを創出したい方、
特許・意匠・商標出願をお考えの方、弁理士「今 智司」が成功するための知財活用を徹底サポートいたします。

商標を登録する

ここでは商標登録について、初心者の方にも分かりやすいよう、なるべく専門用語を使わずに解説します。

商標とは

「商標」とは、ある商品やサービスに触れた時に、すぐに「あの商品だ/あそこのサービスだ」と分かるようにするための「マーク」のことです。例えば商品名やサービス名、会社名、ブランド名、ロゴ、キャラクターなどが「商標」になります。

この「触れただけで分かる」というのは重要で、日本で「商標」と言えば、文字、図形、記号などの見た目で識別できるマークや立体物がほとんどです。

なお、2015年4月からは、音商標(音楽、音声、自然音等からなる商標)、ホログラム商標(見る角度により見える図形が変化するような商標)、動き商標(文字や図形等が時間の経過に伴って変化する商標)、色彩のみからなる商標(単色又は複数の色彩の組合せのみからなる商標)、及び位置商標(文字や図形等の標章であって、商品等に付す位置が特定される商標)も商標として登録されるようになりました。

商標登録とは

「商標登録」とは、商標を独占的に使う権利(商標権)を得るために、特許庁に商標を登録することです。逆に言えば、商標登録をしないと、他社が似たような商標を使っていても排除できません。商標権の有効期間は10年間で、その後は10年間ずつ延長できます。

商標登録する際には、商品やサービスのジャンル(「商品区分」と言います)を指定します。商標権は指定した商品区分についてのみ認められます。商品区分は全部で45個あって、例えば以下のようなものがあります:

  • 洗浄剤及び化粧品
  • 乗物その他移動用の装置
  • 楽器
  • 飲食物の提供及び宿泊施設の提供
  • 教育、訓練、娯楽、スポーツ及び文化活動

商品区分はいくつでも指定できますが、指定した数だけ費用が高くなるので、通常は使用する商品区分に絞って登録します。

意匠登録との違い

「意匠登録」も商標登録と同じく「見た目」について独占的な権利を与える制度で、どちらも特許庁の管轄です。

両者の違いは保護対象にあります。「商標」は商品やサービスに付けるマークで、「意匠」は商品の見た目そのものです。自動車を例にすると、自動車の全体的な外観が「意匠」で、車体に付いているメーカーのロゴや車種名が「商標」です。